勃起不全か自己診断する方法

ED [勃起不全]

勃起不全か自己診断する方法

男性なら誰であれ、ED(勃起不全)になる可能性は存在します。
ただ、それが実際にEDなのか、EDと判断される目安はそもそもどんな状態を指すのか、そういった事を考えた時はないでしょうか?

ここぞという場面で勃起状態を正常に保てなければ、焦燥感に駆られるのも無理はありません。
単に体の具合や精神状態が悪かっただけという可能性も充分に考えられます。

ですが自身のEDを認めたくないがため、治療もせずそのままにしておくのは良くない事でしょう。
今から紹介するのは、自分の勃起具合のセルフチェックを気軽に行えるED診断です。

もしEDだという結果が出ても、悲しむ必要はありません。
自分に合う治療法を早い段階で選び、EDの改善に踏み出せるので、逆に喜ばしい事と言えます。
始めるタイミングは自由です。

セルフチェック「SHIMスコア」

セルフチェックには『International Index of Erectile Function(国際勃起機能スコア)』、略してIIEFと呼ばれるものが使われています。

これは世界共通の国際基準で、症状のレベルを診断し、ED治療の影響を計るためのものです。
複数の問いに対し提示された回答の内、自分に該当する項目にチェックを入れ、出た結果でEDか否かの診断を行う、という構成です。

症状の診断は、勃起状態を保てるか、硬度はどれ程か、といった観点からも行われるため、自己判断が難しいケースで有効でしょう。

IIEFは全部で3種類あり、『IIEF』『IIEF5』『SHIM』でそれぞれ問いの数や答えの内容が異なります。
『IIEF』は15の問いから成り、回答用の選択肢には「性行為を行っていない」「性的刺激を感じなかった」などがあります。
『IIEF5』は5つの問いから成り、『IIEF』とは異なり回答に「性行為を行っていない」がありません。

『SHIM』も5つの問いから成りますが、こちらは回答に「性行為を行っていない」が含まれます。

日本性機能学会の公式サイトには上記3種類のチェック表が全部そろっています。
少数の設問でセルフチェックを手軽に行いたい人や、最近性行為と無縁だった人でも、自分に適したテストを選択できるのです。

日本のカップルは他の国と比較するとセックスレスの割合が大きいとされます。
加えて、恋愛に対し受け身な男性が増えてきている事も特徴に挙げられるでしょう。

こうした事情から、日本人には「性行為を行っていない」という選択肢が合うとされ、多くの場合『SHIMスコア』が利用されています。

SHIMスコアでのセルフチェックに用いられる問いの内容は、おおよそ次の5つです。

  • 勃起状態を保つ自信を持っていたか
  • 勃起した際の硬さは挿入できる程だったか
  • 性行為の中で勃起状態を保てた回数はいくつか
  • 勃起状態を保つのが難しかったか
  • 性行為で充足感を得られたか

項目ごとに用意された5~6つの回答の中から、自分に該当すると考えられるものを選んでください。

各回答には点数が割り振られています。
選択した回答の点数を合計し、その数値により自身がEDかどうか、EDなら症状はどれ程進んでいるのかなどを診断するのです。
合計点数が25点満点中21点以下なら、高確率でEDです。

とはいえ、合計点数が22を上回っていたとしても、EDの可能性がゼロとは言い切れません。
SHIMスコアは簡単な自己判断を目的とした単なる指標に過ぎないため、結果を絶対視してしまわないように気を付けましょう。

診断の結果がどうであっても、自身の症状に対する心配事を抱えているなら、医師に助言を求めてみてください。

SHIMのEDセルフチェックはこちらで行えます。

診断結果:EDの疑いあり

EDセルフチェックをSHIMスコアで実施し、合計点数が25点満点中21点以下という結果が出たら、判定は「EDの疑いあり」です。

とはいえSHIMスコアはあくまでEDかどうかの自己判断が目的の簡単なテストです。
ですので合計点数が21点を下回ったとしても、「EDの可能性は100%」だと断言する事はできません。
ただ、既にEDだったりEDの一歩手前だったりする公算は大きいでしょう。

結果によっては医師への相談も視野に入れるべきだと思います。
合計点数が21点を下回ったら、そこからさらに点数ごとに『軽度ED』『中等度ED』『重度ED』の3つに細分化が可能です。

自身の症状がどの程度なのか計るための指標として確認してみましょう。

診断結果:軽度ED

合計点数が17~21点なら、『軽度ED』の可能性があります。
「勃起困難なケースがほぼ存在せず、充足感のある性行為が可能な状態」を軽度EDと表します。

この「勃起」は、ただ「勃起状態になる事」のみを指すわけではありません。
「勃起状態で充分な硬度を持つ事」と「性行為の間勃起状態をずっと保てる事」も含まれるのです。
生活習慣を改めたり、バイアグラを始めとしたED治療薬を飲んだりすれば、軽度EDなら大抵治療が可能です。

EDを自覚してから間を開けず治療を始めれば、治癒の可能性はより上昇します。

診断結果:中等度ED

合計点数が8~16点なら、『中等度ED』の可能性があります。「時折上手く勃起できなくなり、充足感のある性行為が不可能となる状態」を中等度EDと表します。

「時折勃起ができなくなる」「たまに中折れする」というように、勃起状態に多少の違和感を覚えているケースです。
軽度EDと同様、生活習慣を改めたりED治療薬を飲んだりすれば治せます。
軽度~中等度のEDであれば薬の服用のみで即改善できる事もあるため、ぜひ試してみてください。

なお、バイアグラはED治療薬の中では最も知名度が高く、効果も非常に強力です。

勃起薬として、知らぬ者はいない存在でしょう。中等度EDと一口に言っても、その症状のレベルにはテストの合計点数によって幅が出ます。

例えば合計点数が16点なら、「中等度EDかもしれないが、比較的症状は軽度」という判定を下せます。また、8点なら「分類上は中等度EDだが、症状は重度EDに極めて近い」という判定です。

診断結果:重度ED

合計点数が7点を下回れば、『重度ED』の可能性があります。
「ちゃんと勃起できる時がほぼなく、性行為自体が難しい状態」を重度EDと表します。

「勃起状態になる事」「性行為の間ずっと勃起していられる事」が非常に少ないケースです。
生活習慣を改めたりED治療薬を飲んだりするだけでは、重度EDを治し切れない公算が大きいのです。

陰茎へ流れる血液の量を増やして勃起を促進するのがED治療薬の作用ですが、症状が深刻化していて、薬効成分が効果を充分に発揮できない程であれば、一層具体的な治療をしなければなりません。
EDの治療を専門に行う医療機関で然るべき診察を受け、直接効き目のある薬を注射するICI治療や、その他色々な外科的治療などをしてもらう事も考慮に入れられるでしょう。

ところで、合計点数が1~5点だと回答の中から「性行為を行っていない」「性的刺激を感じなかった」を複数選んでいる事になります。
性経験の少なさから診断が不可能となっている部分がある事も考えられますので、100%重度EDだとは言い切れません。
ですが性欲の衰えや神経のダメージなどのせいで「性欲が出ない」「性的興奮が感じられない」といった場合も考えられますので、一応医療機関を受診した方が良いでしょう。

早期発見がスムーズなED改善につながる

先述した通り、EDセルフチェックでSHIMスコアが21点以下を記録したならEDの恐れがあります。

全く勃起できない状態ではなく、充分な勃起力を得られずに満足のいく性生活を送る事のできない状態が、EDと定義されるのです。
自信を持って性生活に臨めない人は、医療機関でアドバイスを受けてみてはいかがでしょうか。

ちゃんと勃起できない状態を「照れ臭い」「自分だけなんじゃないか」「病院でも治療できないかもしれない」という風に後ろ向きに考えていた人もいるでしょう。

ですが今の時代なら薬でちゃんと治療できます。

性生活を続けるか諦めるかは、自分で決定できます。
そのためにわずかでも早期に治療を開始し、悩みを解決した上で、充実した性生活を送れるようになりましょう。