バイアグラの購入方法

先発薬バイアグラ

バイアグラの購入方法

バイアグラを手に入れるのは個人輸入代行のネット通販を利用すれば可能です。

個人輸入代行業者は、英語による申告書作成を始めとした煩雑な手続きを代わりに行ってくれます。
海外医薬品を取り扱っているグループの中には悪徳業者も存在するため気を付けなければいけませんが、個人輸入代行を使えば安全で合法な取引が可能となります。

信頼できる代行サービスを使えば、海外製バイアグラやバイアグラジェネリックを入手できるでしょう。

バイアグラの国内通販は可能?

バイアグラの分類は、医療用医薬品です。
ED治療薬であるバイアグラはアメリカのファイザー社が開発した正規の商品で、購入時には医師が出した処方せんが必要になります。

ですので、バイアグラを国内の通販で買う事は現時点で不可能となっています。
楽天やAmazonといった大手通販サイトでも販売していません。

万が一、国内の通販サイトの中にバイアグラを取り扱っている所があったとしても、それはサイトか商品が偽物であるか精力増強剤を始めとした類似商品をED治療薬と騙っているかのどちらかなので気を付けてください。

大手通販サイトにはなくても個人出品のオークションサイトにならあるかもしれない、と考える人もいるかもしれません。
しかし、国内処方の医薬品を転売する行為は違反なので厳しく禁じられています。仮にそれを破った場合、厳罰は免れません。
オークションサイト側による厳重な監視もあり、合法的に処方せんのいるバイアグラが出品される事は絶対にありません。

個人で海外通販を利用して買った輸入医薬品も同じく、他者に譲渡や転売を行う事は禁じられています。
ですので、ヤフーオークションを始めとしたオークションサイトを利用しても正規品の購入はできません。
よって正規品を日本国内で入手するためには、今は病院やクリニックで処方してもらうしかなありません。

バイアグラは海外通販なら購入できる

バイアグラを始めとしたED治療薬を国内通販で買う事は不可能ですが、海外通販なら買えます。
海外通販なら医師に処方せんを出してもらわなくても問題はなく、厚生労働省が定めた規定量の枠内で、目的が個人で使うためであれば購入が可能です。

また、先発薬より安価なジェネリック医薬品も取り扱っています。
ただ、繰り返しになりますが、あくまで個人で使う目的でしか買う事はできません。
海外通販を利用して個人輸入したものを第三者に譲渡、あるいは転売する事は固く禁じられているので、違反すれば刑罰を下されます。

購入者と海外通販サイトを仲介する「個人輸入代行通販サイト」も今では増えていて、海外サイトを利用した買い物が気軽にできるようになりました。
ですがそうした通販サイトの中には悪質なものも多く、偽物を販売している場合もあります。

偽物をつかまされる危険を避けるために、個人輸入する時はちゃんと正規品を販売しているサイトを選んで利用してください。

偽物に含有される有害物質によって健康被害が発生した事例もあります。
くれぐれも気を付けましょう。
安全性の高い正規の通販サイトを利用して個人輸入すれば、日本で処方せんを出してもらうよりも安価に商品を買えます。

また、発送時には中身が見えない形で梱包されるので、買った事が周囲の人にばれずに済むことも利点です。

病院処方の場合は全額自己負担

バイアグラの分類は「医療用医薬品」であり、これは薬の種類の中では一番厳しく規制されるものです。
医師が処方して院内薬局か調剤薬局で調剤される医薬品の事を「医療用医薬品」と呼びます。

すなわち、日本国内でバイアグラを正規の手段で手に入れるには、泌尿器科やEDクリニックなどの専門医の診察を受ける必要があるのです。
これだけでも多大な手間がかかります。

その上自由診療扱いのため保険が適用されず、診察、検査、投薬などの費用は全額患者が支払わなければなりません。
今のバイアグラの相場は50mg1錠が約1,500円ですが、値段は病院ごとに違いがあります。

自由診療だと各病院が個別に料金を決める権利を持っている事がその理由です。
公式サイトで開示されているバイアグラの価格に、診察や検査の料金が上乗せされる場合もあります。
ですので、病院で受診する前に電話やメールをして料金について確認してください。

バイアグラはドラッグストアでは買えない

バイアグラはEDへの効き目が高い一方で、少々扱いが難しい薬でもあります。
使用禁忌となる条件も多数存在するため、信頼のおける病院で処方してもらって入手するのが最良の手段と言えます。
医療用医薬品は病院やクリニック、調剤薬局などでの管理が義務となっているため、普通の薬局やドラッグストアなどで買う事は不可能です。

日本に流通する正規品のバイアグラ、バイアグラジェネリックは全部医療用医薬品に分類されるため、医師の診察と処方せんが必須です。
ED専門のクリニックの中には薬を院内で処方してくれる所も存在します。
しかし通常の泌尿器科の場合は、処方せんを出して院外の調剤薬局で調剤してもらいます。

なぜなら厚生労働省からの指導により、混在医療(保険診療と自由診療がないまぜになったもの)を回避する風潮があるためです。
また薬に関する説明を病院と調剤薬局とで2回、それも他人の目がある場所で聞くのは抵抗があるという人もいます。

そのため、個人輸入代行サービスを利用して買う人は年々増えています。

ただ注意しなければいけないのは、通販サイトの利用は自己責任になるということです。
個人輸入代行で質の悪い偽物を買わされ、それによる酷い健康被害を受けた人が死亡した例もあります。

初めてバイアグラを利用する人は、医師の診断と処方を受けて正規の手続きを踏んだ上で手に入れるのが一番でしょう。
「医薬品副作用被害救済制度」により、自由診療で処方されたバイアグラで重大な副作用が発生した時には治療費を補助される対象になりますので、服用して問題ないか確認できてから通販することをおすすめします。

正しく利用すれば通販で正規品バイアグラを買える

バイアグラの正規品を適正な手段で手に入れ、正しく使用すれば、その高い効果によって男性としての自信を取り戻す事ができます。

海外では始めの内、絶大な効き目から「ブルーダイヤモンド」と呼ばれていました。
バイアグラは長きに渡って男性を助けてきたために高い信頼度を誇り、使用法が正しければ安全な医薬品です。
その効果の高さは、今やバイアグラジェネリックが世界各地の製薬会社で製造・販売されている程です。

「時々勃起できない」といった軽い症状から「勃起が完全に不可能」という重い症状まで、バイアグラならすぐに改善が可能ですので、誰にも相談できずに悩んでいる人は迷わずに病院でアドバイスを受けてみてください。