バイアグラと同等の効果を持つ「カマグラゴールド」

バイアグラジェネリック

バイアグラと同等の効果を持つ「カマグラゴールド」

バイアグラの有効成分『シルデナフィル』を含む製剤は複数ありますが、その中でもインドの大手製薬会社アジャンタファーマ社が製造及び販売している薬が『カマグラゴールド』です。

アジャンタファーマ社は世界的にも有名な製薬会社であり、バイアグラだけでなく他のED治療薬(レビトラやシアリス)のジェネリック医薬品(後発品)も販売しています。
シルデナフィルはED治療効果として実績のある有効成分であり、その後発品を信頼度の高い会社が取り扱っているということで、カマグラは人気を博しています。

カマグラゴールドはバイアグラと同様にPDE5阻害剤であるシルデナフィルを含んでおり、勃起機能に高い改善効果があります。

即効性の高いバイアグラジェネリックで、服用してから約1時間で効果が現れ約5時間効果が持続すると言われています。
ただし、身長や体重といった体格や体調によって薬の効果にはばらつきが見られるため、どんな時でも絶対に効くわけではありません。

カマグラゴールドの飲み方

服用方法は、1日1回、性行為を行う約1時間前にコップ1杯の水または白湯で服用します。

連続で服用すると体内の血中濃度が上昇し過ぎてしまうため、一度服用してからは次の服用まで最低24時間以上空けなければいけません。

シルデナフィルは成分のほとんどが腸から吸収されるため、食事による影響を受けやすく食後すぐ服用すると効果が薄れてしまうことがあります。
空腹時に服用し、体内に素早く循環されることで高い効果を発揮します。

用量については、通常1回当たりシルデナフィル投与量は25㎎が適量と言われています。
服用が初めての人、副作用が懸念される人、65歳以上の高齢者、肝機能障害を持つ人、重度の腎機能障害を持つ人は25㎎から開始してください。
50㎎または100㎎の錠剤を服用しようとする場合は、ピルカッターを使用し自分に合った用量を調節して服用しましょう。

効果効能の感じ方は体格など人によって個人差があります。
25㎎で効果をあまり感じられないという場合は、用量を少しずつ増大してください。
過剰に服用したからといって効果が増大するものではなく副作用出現の恐れがあるため、くれぐれも用法用量は守るようにしましょう。

飲食の影響

カマグラの有効成分シルデナフィルはそのほとんどの成分が腸で吸収され、血液循環に乗って勃起効果をもたらします。

食後すぐに服用すると治療効果が不十分になりやすいため、できれば空腹時に服用してください。
食前に服用し、しばらく時間を置いて薬を十分吸収させた後であればその後食事をしても問題ありません。
先に食事をしてしまった場合には少なくとも食後2時間は空けることをおすすめします。

また、脂質によって成分が吸収されにくくなるので、なるべくあっさりとした食事をした方が良いでしょう。
少量のアルコールとともに摂取するのは構いませんが、過剰なアルコール摂取は神経伝達を遅らせ、男性機能を低下させる要因となります。

シルデナフィルは血行促進作用があるため、酔いが回りやすくなります。アルコールを摂取する際は適度な量を心がけましょう。

カマグラゴールドの副作用

主な副作用例としては、血管拡張による頭痛、ほてり、顔面紅潮などが報告されています。
このような、血管拡張作用による副作用では、2~3時間経つと効果の収束とともに症状も落ち着いてくるのであまり心配はいりません。

その他低頻度ではありますが、めまいや視覚障害の副作用が起こる可能性があります。
通常服用を中止することで症状は治まりますが、念のため機械の操作や自動車の運転など危険を伴う行為は行わず、安静にしましょう。
服用後に急激な視力低下や視力喪失の症状が現れた場合は、直ちに服用を中止し眼科を受診してください。

稀にプリアピズムと言われる持続性勃起症が起こり、4時間以上勃起状態が続いてしまうという症状が発生すると報告されています。
6時間以上勃起状態が続くと循環不全が起こり組織が壊死し、最悪の場合は不可逆的な勃起不全につながる危険性があります。
勃起が4時間以上続く場合は、直ちに主治医や専門外来などで医師の診察を受けるようにしてください。

カマグラゴールドを服用することにより効果が強く出過ぎてしまうと感じたり、副作用が強く出現したりする場合は、ピルカッターを使用して用量を2分の1、4分の1量と減量して様子を見るようにしてください。

カマグラゴールドを飲む時注意すること

以下に当てはまる人は服用に注意してください。

  • 陰茎構造に欠陥(陰茎屈曲、陰茎繊維化、ペイロニー病など)がある人
  • 血液疾患(鎌状赤血球性貧血、多発性骨髄腫、白血病など)がある人
  • PDE5阻害薬および他のED治療薬を服用している人
  • 出血性疾患および消化性潰瘍がある人
  • 65歳以上の高齢者
  • 重度の腎機能障害がある人
  • 肝機能障害がある人
  • α遮断薬を服用している人
  • 多系統萎縮症の人

これらに当てはまる人は事前に主治医に相談してください。

カマグラゴールドの併用注意

以下のものとの併用に注意してください。

  • グレープフルーツ(ジュース含める)との併用は避けてください。
  • 脂質の摂り過ぎに注意してください。
  • 過剰なアルコール摂取は避けてください。
  • カフェインでの服用は避けてください。

グレープフルーツとの併用は、成分の血中濃度が上昇し過ぎてしまい効果や副作用が強く出過ぎる可能性があります。
シルデナフィルは水溶性なので、脂質と一緒に摂取すると吸収を阻害され効果が薄くなる可能性も少なくありません。

少量の飲酒は可能ですが、多量の飲酒により男性機能が低下します。
また血管拡張作用により酔いが回りやすくなるため注意してください。

カフェインは胃に負担がかかりやすく、胃痛の原因になります。
過去に医薬品により痒みや湿疹などの過敏症(アレルギー反応)を発症したことのある人は事前に主治医に相談してください。

カマグラゴールドを飲んではいけない人

以下に当てはまる人はこの薬を服用することはできません。

  • 過去にカマグラゴールドと同様の成分の服用によりアレルギー反応を起こしたことのある人
  • 硝酸剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)を服用している人
  • 心疾患など性行為自体を行うことが不適当と判断される人
  • 重度の肝機能障害がある人
  • 低血圧または未治療の高血圧の症状がある人
  • 過去6カ月以内に脳血管疾患(脳梗塞、脳出血など)、心疾患(心筋梗塞や狭心症)を発症したことがある人
  • 網膜色素変性症の人
  • アミオダロン塩酸塩(経口投与)を服用している人
  • 可溶性グアニル酸シクラーゼ刺激剤(リオシグアト)を服用している人

これらに当てはまる人がこの薬を服用すると重大な副作用が出現する危険性があります。

カマグラゴールドの併用禁忌薬

以下の薬との併用はできません。

  • 硝酸剤またはNO供与剤(ニトログリセリン、亜硝酸アミル、硝酸イソソルビドなど)
  • アミオダロン塩酸塩(アンカロン錠)
  • sGC刺激剤(リオシグアト:アデムパス)
  •  

他に服用している薬がある人や、今後新たに薬を服用しようとする際は事前に医師、薬剤師に相談して服薬可能かどうかの判断を仰いでください。

カマグラゴールドを入手するには

カマグラゴールドは、頭痛などの副作用が出現する場合や持病や併用薬のある人にとっては禁忌となる場合があり、医師の判断を必要とする場面の多い薬です。

そのため薬局やドラッグストアでは簡単に購入できません。
なかなか医療機関を受診することが難しい場合には、インターネットを通して個人輸入代行業者から薬を手に入れることもできます。

個人輸入を行う場合は、日本国内で処方されているバイアグラ、シアリス、レビトラ、そしてその他それらの後発品の他に、日本では未認可である『ステンドラ』や他の後発品、また用量の多い錠剤を購入することもできます。

個人輸入代行では、今まで医療機関で処方してもらっていた薬と同じ薬を手軽に注文できたり、診察代や処方箋料がかからず安価で購入することができたりとメリットが大きいでしょう。

しかし現在飲んでいる薬との併用や、過去の病気や持病との関係性によっては多大な悪影響を受ける可能性もあることを忘れてはいけません。
用法用量を誤って服用し、重大な健康被害が出ても全て自己責任となります。
また、法外な安さを謳う悪質業者により、粗悪な模造品を購入させられる危険もあります。

正しい情報を収集し、安全に服用できるよう十分気を付けて利用しましょう。